2012年03月31日

豊胸術 脂肪注入

太股やおなかなどの、余分な脂肪を吸引し自分の胸に注射して、バストアップする方法があります。
豊胸バッグを入れなくて良いので、手軽にバストアップできますね。
脂肪吸引によって、ラクに痩せる事ができます。同時にバストも自分の脂肪なので、自然な感触になります。

  • 脂肪注入
  • の注意点
    ・脂肪注入は、痩せたい部分がない方や、乳腺がほとんどない方は、注入した脂肪の生着率が低くなるため、1カップ程度のバストアップなら可能ですが、それ以上の大きさを希望の方には、難しいです。

    ・それ以上の大きさを希望の場合は、脂肪注入の回数を増やせば、希望のバストの大きさにできる場合があります。

    ・脂肪注入は乳腺付近に注入するのが、一般的です。
    脂肪の生着率を高めるために重要なのは、血液の供給です。
    血流の豊富な大胸筋付近への脂肪注入は、脂肪の生着率が高くなります。脂肪注入の場所は、美容整形外科によって異なります。

    ・手術で吸引した脂肪をバストに注入すると、周囲から新しい毛細血管が発生します。
    この毛細血管と注入された脂肪が結合し、脂肪に栄養がいきわたり生着して体内に残ります。

    豊胸手術

    豊胸バッグと言うのが、あります。
    手術後数カ月の間なら、もう少し大きくしたいなど、希望のバストサイズにアップできる美容整形外科もあります。

    脇の下のくぼみや、アンダーラインからバッグを、挿入するなどの方法があります。

    タグ:豊胸

    豊胸術 脂肪注入

    脂肪注入はメスを使わない切らない豊胸術です。 入・通院不要で出来て翌日からシャワーOKの場合もあります。
    美容整形 芸能人

    脂肪注入では、自分の気になる部分の脂肪を吸引し
    バストに注入するのでナチュラルなバストアップになり
    豊胸バッグのように、不自然に大きくすることはできません。

    例えばウエストをスリムにしたり、一緒に、太ももやヒップも、スリムにしたい方には最適で、ボディラインを美しくする手術です。また、人工乳腺(豊胸バッグ)に抵抗を感じている方にも最適です。

    脂肪注入法では、せっかく注入した脂肪がなくなってしまうのではないかという心配をする方がいますが、脂肪生着率は注入した脂肪の約10%〜20%とされています。

    脂肪を少量ずつ分けて、多くの部位に注入することで、
    脂肪 生着率は良くなるので、手術を受ける美容外科でのカウンセリングも重要です。
    <スポンサード リンク>
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。