2012年03月31日

豊胸術 脂肪注入

太股やおなかなどの、余分な脂肪を吸引し自分の胸に注射して、バストアップする方法があります。
豊胸バッグを入れなくて良いので、手軽にバストアップできますね。
脂肪吸引によって、ラクに痩せる事ができます。同時にバストも自分の脂肪なので、自然な感触になります。

  • 脂肪注入
  • の注意点
    ・脂肪注入は、痩せたい部分がない方や、乳腺がほとんどない方は、注入した脂肪の生着率が低くなるため、1カップ程度のバストアップなら可能ですが、それ以上の大きさを希望の方には、難しいです。

    ・それ以上の大きさを希望の場合は、脂肪注入の回数を増やせば、希望のバストの大きさにできる場合があります。

    ・脂肪注入は乳腺付近に注入するのが、一般的です。
    脂肪の生着率を高めるために重要なのは、血液の供給です。
    血流の豊富な大胸筋付近への脂肪注入は、脂肪の生着率が高くなります。脂肪注入の場所は、美容整形外科によって異なります。

    ・手術で吸引した脂肪をバストに注入すると、周囲から新しい毛細血管が発生します。
    この毛細血管と注入された脂肪が結合し、脂肪に栄養がいきわたり生着して体内に残ります。
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス: [必須入力]

    ホームページアドレス: [必須入力]

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/15838484
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック
    <スポンサード リンク>
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。